とにかく自分に自信がない。

これは見た目も含めて自分自身の全部において。

ライターとしても動画編集者としてもディレクターとしても、当然自信はなくて、応募しても採用されることが少ない点から見てもそれは確信になっている。

もう見飽きたよね、「不採用」の通知とかさ。

以前メディアの編集長をしていたときは、少しは自信があったかもしれないけれど、メディアが潰されてなくなった今、本当に何もない。

応募して採用されないというのも、おそらくは自分に自信がないからうまくアピールできていないということかもしれないなと思っている。

もっと自信満々にできればいいのだろうけれど、それができないから困っているのよね。

自信がない

アピールできない

採用されない

仕事がない

収入が少ない

メンタル壊れる

家族関係が悪化する

生活水準が落ちる

自信がない

という無限ループ。

まさに、自信がないことによって呼び込まれる不幸の連鎖であろう。

どうしたら自信がつくのだろうね。

たぶんだけれど、仕事が安定して楽しく働ければ自信も多少出てくるのだろうと思いつつ、仕事がないからそれもできない。

今日も主夫として、生きていくしかないのだろうか